■歯並びの悪さが体に与える悪影響
1 虫歯や歯肉炎になりやすく口臭の原因になります。
2 発音やしゃべり方に悪い影響を与えます。
3 あごの成長発育や、あごの関節に悪い影響を与えます。
4 外傷に患りやすくなります。
5 お子さまに劣等感を持たせることがあります。
6 かみ砕く力が弱くなります。
7 歯科の処置を困難にします。
矯正治療を早期に施すことによって、これらの悪影響を最小限に抑え、美容だけでなく、さらには自分の歯を長持ちさせることにもなり、一生自分の歯で噛めるようになります。
長い一生を考え、時期を逸しないように矯正医の診断を受けて下さい。

当医院の歯科矯正の特徴
治療前
治療後
●高精度の技術 優れた矯正医師による緻密な矯正
●治療後のケア もっとも大切な治療後のケアも万全に
●予防矯正 美しい歯並びを保つ食生活提案
●明朗な料金設定 国立大学の料金を基準にした設定
●最小限の来訪回数 効率的な治療で来院回数を少なく

森下歯科矯正医 宮井 敏

当医院では世界的な権威を持つ矯正医が、 万全な設備のもとで あなたの歯並びを美しくします。

略 歴
昭和54年 日本歯科大学新潟歯学部卒業
日本歯科大学新潟歯学部矯正学教室助手
TP JAPAN 主催 日本歯科大学新潟歯学部
矯正学教授 亀田 晃
ベッグライトワイヤーテクニック12日間6ヶ月コース
チーフインストラクター連続29期 (平成5年1月まで)
昭和58年 日本歯科大学付属新潟専門学校併任講師
歯友会歯科技術専門学校併任講師
昭和61年 歯学博士 (臨床系歯科矯正学専攻)
日本医科大学新潟歯学部矯正学教室講師
昭和62年 日本歯科大学短期大学併任講師
昭和63年 ヨーロッパベッグ矯正歯科学会大会症例展示部門・受賞
平成2年 日本矯正歯科学会認定医登録
平成4年 日本矯正歯科学会指導医登録
平成8年 日本歯科大学新潟短期大学矯正学専任講師
W.F.O.会員
著 書
※抜去歯牙表面上へのフルオルアパタイト付着生成に及ぼす反応液量 に関する研究(日本矯正歯科学会誌)
※In vivo応用を目的としたフルオルアパタイト生成のための実験条件の究明(日本矯正歯科学会誌)
※矯正治療による下顎前突者のsymphysisの形態的変化に関する研究(日本矯正歯科学会誌)
当医院矯正医、宮井先生は、講師として全国で歯科医師向けに多くのセミナーを開催しております。

Copyright (C) 2005 Morishita Dental Clinic All rights reserved.